恐怖の左折事故、いっそ左ハンドルにしたら?


昭和50年代、大型車の左折巻き込み事故が多発いたしました
大型ダンプカーは構造上「死角」が存在します
最近ではサイドミラー等の改良で事故は減っているのでしょうか?

自転車に乗っているとまだまだ左折車はとっても怖い存在です
大型ダンプ等では内輪差が2㍍あるといわれています
前輪が通った2㍍、内側を後輪が通ります
大型車が目の前1.8㍍を通過しました、あなたは後輪で轢かれます

並んで走っている自転車は突然前方を塞がれます
防止策は自転車が自動車に近づかないことでしょうか?

乗用車もミニバンも左側を併走する自転車を余り気にしていません
右ハンドルで左側ドアミラー、本当は見づらいんです

かっこ悪いけど左側だけ昔のサイドミラーにかえましょうか?
嫌でしょうね~

だったら左ハンドルにしませんか?

なんで左側通行は右ハンドルなのでしょうか?
① 追越しやすいから
② 反対車線がよく見えるから
③ 助手席同乗者の保護?

そろそろ考えてもいいような気がします
[PR]

by BobCat62 | 2012-05-17 14:00  

<< ジャーマンアイリス園 東京電力の値上げ10.28%の嘘 >>